名前は初めてのプレゼント!これは避けたい、子供の名前

6月 20, 15 • 未分類名前は初めてのプレゼント!これは避けたい、子供の名前 はコメントを受け付けていません。Read More »

読めない名前は、子供のためにならない

大切な子どもが生まれるにあたって、名前はとても大切で、悩みますね、簡単に変えることのない名前なので、その子が一生付き合っていくものですし、親からの初めてのプレゼントです。付けてから、後悔することのないように、しっかり熟考して素敵な名前を付けたいものです。ここでは気を付けたい3つのポイントをお伝えします。ます一つ目は、読めない名前は避けることです。最近では、キラキラネームというような当て字を用いた名前が多いですが、これは学校に行くと先生や友達から、さっと読んでもらえなかったり、間違えて読まれたりしますので、明らかな当て字で、読めない名前はお勧めできません。

部首かぶりは避けたい

画数を気にする人は多いでしょう。しかし見落としがちなのは、苗字とな名前の部首がかぶってしまうということです。例えば、苗字にくさかんむりがあるのに、名前にもくさかんむりのある字を使うと、書いた時のバランスがとても悪くなります。女の子の場合は、結婚すれば苗字が変わる場合もあるので気にしすぎることはあまりないのかもしれませんが、名前を決める際には、苗字と名前を文字にして書いて、バランスを見ることはとても大切であると感じます。

意味のない名前は避けたい

子どもは、小学校の低学年の生活科で自分の誕生と成長の学習をします。その際、自分の生まれた頃の話や、身長体重、名前の由来などを親に聞いたりまとめたりする学習をする学校が多いです。その時、自分の子供に、こんな人間に成長してほしい、という願いを込めた名前なんだよ、と説明してもらえると、子どもはとても喜びますし、成長にもつながります。その時に漢字の意味などを話すと、最高の家庭学習となりますね。やはり、響きがかわいい、なんとなく、で名前を付けるのは避けたいと感じます。以上3つのポイントを述べてきましたが、あまりとらわれ過ぎると決められなくなるので、これは譲れない、という点を決めて、素敵な名前を付けてあげてくださいね!

企業の名前はとても重要なものです。もし、良い命名をしてもらいたいのなら、專門のサービスを利用してみることをオススメします。

Comments are closed.